こんにちは!そして初めまして!

動物バナシの管理人

 

理学療法士&

エボルファンクショニスト

ユーイチです。

私は今まで

視覚器について記事を

何回か書いてきました。

ただ少し数が多くなってきたので

今回はそれらをまとめて

紹介したいと思います。

それでは早速行ってみましょう (‘◇’)ゞ

視覚器の成り立ちに

ついての記事

始めは視覚器の成り立ち

についての記事です。

カンブリア紀から始まり

そこから無脊椎動物の眼

の進化について話しています。

光があって眼が出来た 

光があって眼が出来た その2 

光があって眼が出来た その3 

複眼についての記事

次は昆虫の眼

いわゆる複眼についての記事です。

複眼の偉大なる系統 

無脊椎動物の視覚器 

脊椎動物の視覚器について

ここからは脊椎動物の視覚器

ついての記事になります。

進化と頭長眼

最初は

脳からの進化と頭長眼

についての記事です。

「脊椎動物の眼」  脳からの発生した眼  

「頭頂眼」  動物は頭の上に眼がある 

「松果体」  頭長眼の進化

外側眼と解剖学

次は外側眼つまり

私たちが持っている眼

についての記事です。

「角膜と強膜と虹彩」  外側眼の構造 

「タペータム」 少しの光で見える工夫

「網膜と色素上皮細胞」

「反転眼」  実は効率の良い作りだった

「ツバメの眼と盲点」  実は目は欠陥品?

視覚器の陸上生活への適応

水中の生物たちが上陸する際に

視覚器をどうやって陸上に

適応させてきたか

についての記事です。

視覚器が陸に上がるために必要だったこと

上陸した視覚器  水圧からの解放

上陸した視覚器  魚眼レンズからの変化

上陸した視覚器   眼を乾燥から守る

上陸した視覚器  眼を潤す進化

視覚器の退化

最後に環境によって

視覚器を必要とせず

退化させていった生き物達

についての記事です。

深海魚の退化した眼  遠近両用の望遠鏡眼

「退化した眼」 足りなければ作ればいい!発想を変えた生き物達

「視覚をあきらめた生き物たち」  ヌタウナギの場合

「視覚をあきらめた生き物たち」意外と多い編

どうでしたか?

こうしてみると

結構な数を書いていたんだな

問われながら思います。

まあ、他の人に比べたら

凄く少ないのかもしれませんが

(;^ω^)

さらに一年以上前の

記事だったりすると

読みずらいかなと

思ったりしますね。

なので、ちょっとずつ

前の記事も修正しようかな

なんて思ってしまいました!

それでは今回はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました (*’▽’)


1件のコメント

「タペータム」 少しの光で見える工夫 | 動物バナシ · 2021年5月18日 1:28 PM

[…] 視覚器の記事を一覧にしてみました! […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください