こんにちは!そして初めまして!

動物バナシの管理人

 

理学療法士

エボルファンクショニスト

ユーイチです。

 

 

 

今回は

ミミゲネズミキツネザル

を紹介します。

 

 

 

ミミゲキツネザル・・・。

 

 

 

何とも変わった

名前ですよね (^_^;)

 

 

 

もう少し良い名前は

無かったのかと思いますが、

 

 

 

実はこの種は

絶滅したと思われていた

幻の動物だったんです。

 

 

 

ミミゲネズミキツネザル(Allocebus trichotis) 

 

 

 

ただこの種については謎の多い

コビトキツネザル科の中でも

もっとも謎に満ちています

 

 

 

なにせつい最近まで

幻の動物でしたからね。

 

 

 

ではそんな

ミミゲネズミキツネザルとは

どういう種なのか?

 

 

 

それでは早速行ってみましょう (‘◇’)ゞ

 

 

 

 

 

 

発見

 

 

ネズミキツネザルは

1875年に発見された

と言われています。

 

 

 

発見者は

イギリス人の動物学者の

アルバート・ギュンター

です。

 

 

 

この種は野生では

絶滅していると

考えられていたので、

 

 

 

動物学者は

当初5つの博物館標本

研究を行っていました。

 

 

 

そこから

100年以上たった1989年に

アルバート・マイヤーによって

野生化で再発見されます。

 

 

 

その発見により

ミミゲネズミキツネザルは

当初考えられていたより、

 

 

 

広範囲に分布している事が

分かりました。

 

 

 

身体

 

 

マイヤーの発見により

飼育下での観察が

可能となり、

 

 

 

物理的な記述の

新しい情報が

得られるようになりました。

 

 

 

それによると

ミミゲネズミキツネザルは、

 

 

 

重量は

約75~98g

 

 

 

頭から身体の長さは

125~145㎜

 

 

 

尻尾の長さは

25~50㎜

 

 

 

と言われています。

 

 

 

オスとメスとでは

サイズに違いはなく

見た目も変わらないです。

 

 

 

最大の特徴といえば

ミミゲネズミキツネザルの

名前の由来通りの、

 

 

 

その特徴的な

にあります。

 

 

 

特徴的な耳を持つミミゲネズミキツネザルhttps://www.krasnouhie.ru/karlikovye-i-myshinye-lemury.html

 

 

 

この耳は

毛皮の上に突き出た

長い波状の房を持つ

非常に短い丸い耳です。

 

 

 

その為

他のコビトキツネザル科との

見分けは簡単に出来ます。

 

 

 

現在のところ

この特徴的な耳の毛は

感覚毛だと考えられています。

 

 

 

スローロリスの

触毛に近いものかと

思います。

 

 

 

スローロリスの触毛についてはこちら

スローロリス

 

 

 

 

 

 

生息地

 

 

ミミゲネズミキツネザルは

絶滅の危険にさらされている

可能性が高いです。

 

 

 

その数は

100~1000程度だと

言われています。

 

 

 

生息地は2か所あり

マダガスカル東部と

マダガスカル北東部

になります。

 

 

 

面白い事に

マダガスカルの東部にいる種は

標高680〜1235メートルの

高原熱帯雨林で発見され、

 

 

 

マダガスカル北東部にいる種は

低地熱帯雨林で発見されました。

 

 

 

ミミゲネズミキツネザルの生息位置 出典:Wikipedia

 

 

 

 

行動

ミミゲネズミキツネザルは

木のくぼみや倒木に巣を作ります。

また巣の中には藁や葉っぱを

巣に敷き詰めて巣作りをします。

 

 

 

この種は夜行性

夕暮れになると

すぐに活動的になります。

 

 

 

夜は活発に動き回るようで

木の枝を頻繁に飛び越えることが

観察されています。

 

 

 

巣に帰ると

同じ種のキツネザルと

一緒に眠っているのが

観察されています。

 

 

 

しかしこのキツネザルは

乾季になると活動性が

著しく低くなります。

 

 

 

6月から9月の乾季では

この種を見つける事も

難しくなるようです。

 

 

 

 

 

 

食事

 

 

このキツネザルは

野生での食事に関する

情報はあまりないんです。

 

 

 

飼育下ではこのキツネザルは

イナゴやさまざまな昆虫を

食べることが観察されています。

 

 

 

またこの種は

非常に長い舌

持っています。

 

 

 

その為、野生化では

花の蜜や樹液を食べていると

考えられています。

 

 

 

 

 

 

どうでしたか?

 

 

 

今回の

ミミゲネズミキツネザルは

最初に言った通り、

 

 

 

個体数が少ないので

なかなかその生態が

分かっていません。

 

 

 

ですがこの時代に

何も分かっていない事が

多いというのは、

 

 

 

とてもワクワクする事だと

思います。

 

 

 

それでは今回はここまで。

 

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました (*’▽’)

 

 

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください