こんにちは!そして初めまして!

動物バナシの管理人

理学療法士&

エボルファンクショニスト

ユーイチです。

今回は

ワオキツネザル属について

お話ししたいと思います。

ring-tailed lemurs (Lemur catta)

このワオキツネザル属は

キツネザル科の

ワオキツネザル属です。

そのグループを

構成しているのは

ワオキツネザル

1種のみなんです。

私は昔、

このワオキツネザルの

名前の由来が分りませんでした。

驚いている感じの

WOW!なのかと

本気で思っていました (;^ω^)

当然ながら

そうではなくて、

このキツネザルの英語名は

Ring tailed lemur

つまり漢字で書くと

輪尾狐猿

になります。

なるほど確かに

このキツネザルの

一番目立つ特徴は

白黒の長い尾です。

そこからの

ワオキツネザル

という訳なんです。

白と黒の長い尻尾が目立つワオキツネザル

 

 

 

それでは早速行ってみましょう (‘◇’)ゞ

身体

ワオキツネザルは

比較的大きなキツネザルです。

その平均重量は2.2kg

全長は95~110㎝です。

それぞれを分けると

等身の長さは39~46㎝ 

尾の長さは56~63㎝

になります。

その他の測定は

後ろ足の長さは102㎝~113㎝

耳の長さ40~48㎜

頭蓋の長さは78~88㎜

になります。

尻尾

ワオキツネザルの特徴でもある

長くてふさふさした尻尾は

黒と白のストライプ模様に

なっています。

この白と黒の模様の数は

決まっていて

白い模様は12~13

黒い模様は13~14

になっています。

そして常に尻尾の先端は

黒い先端で終わります。

面白い事に

尻尾の模様の数は

尾椎の数(25個)と

ほぼ一致するんです

ただ身体よりも

長い尻尾ですが

クモザルの様に

尻尾で物を掴むなどの

把持能力はありません

尻尾で物を把持する事が出来るクモザル

ワオキツネザルの

長い尻尾の役割は

バランス維持や

コミュニケーション

の為に使われます。

ワオキツネザルは昼行性ですが

目には他の昼行性の動物とは

違う特徴を持っています。

他の曲鼻猿亜目と同じように

網膜の奥に光の反射板である

タペータムを持っているんです。

タペータムについてはこちらから

「タペータム」 少しの光で見える工夫

またワオキツネザルは

網膜に初歩的な中心窩も

備えています。

中心窩についてはこちらは

「ツバメの眼と盲点」  実は目は欠陥品?

ワオキツネザルの手は

指が細くて人に似た爪を

持っています。

そして器用に使うことが出来ます。

親指は短く、他の指から

大きく離れています。

そして親指の位置は掌に対して

直角に設定されています。

その他の特徴は

第4指が一番長くなっています。

掌は長くて、

革製品の様にざらついています。

これは他の霊長類と同様に

グリップを改善するために

掌に無数のすじが入っています。

モノを握れるように掌に筋が入っている。
出典:Wikipedia

ワオキツネザルの移動方法は

趾行になります。

趾行(しこう)とは

踵を浮かせたつま先立ちの状態で

移動する事を指します。

その為、ワオキツネザルの足は

それに特化した作りになっています。

第2趾は短くなっていますが

グルーミングに使う特別な爪

トイレクローがあります

具体的な使い方は

口では届かない毛皮の部分を

この爪を使って掃除していきます。

そして踵は

他のキツネザルとは違い

毛皮で蔽われてはいません。

どうでしたか?

さすがは有名な

キツネザル種の1つです。

このまま続けると

もの凄い量になりそうなので

今回はここまで (;^ω^)

それでは今回はここまで。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました (*’▽’)


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください