タペータムとは?
猫や魚の目が光る理由。
写真で人の目が赤くなる理由。

進化バナシ⑰

こんにちは!そして初めまして!

動物バナシの管理人

理学療法士&エボルファンクショニスト

ユーイチです。

皆さんは夜に野良猫などを見て

目が光っている姿を

見たことありませんか?

なんとなく不気味な感じがする

あの現象は実はある器官で

起きているんです。

その器官の名前はタペータム。

目の中で光を反射する板の名前です。

今回はそのタペータムについて

お話していきたいと思います。

それでは早速行ってみましょう (‘◇’)ゞ

目の構造その1:硝子体

まずは目の断面図を

見てみましょう。

真ん中のところに

硝子体(しょうしたい)

というのがありますね?

この硝子体は

透明のゼリー状になっています。

これは眼房水と同じように

眼球の内圧を保つ役割をしています。

眼房水についてはこちら

「角膜と強膜と虹彩」  外側眼の構造 

つまりこの硝子体が無いと

眼球の形の維持が出来ません

そんな硝子体が少しでも濁ると

目の前を蚊が飛んでるように見えます。

それを飛蚊症といいます。

ゼリー状のものが濁っただけで

そんな風になるなんて怖いですよね。

目の構造その2:三つの眼球壁

硝子体の周囲は

3つの眼球壁に

取り巻かれています

一番内側には

網膜色素上皮層

があります。

日本眼科学会HPより転載

因みに、

網膜が色素上皮層から剝がれるのを

網膜剥離といいます。

参照:平田眼科

ボクサーがよくなるイメージですが

加齢によっても起こる病気ですね。

次に中間の層には血管と色素を含んだ

眼球血管膜があります。

眼球血管膜は

脈絡膜・毛様体・虹彩

一体となった時の総称です。

眼球血管膜

形態と色調がブドウに似ているので

別名でブドウ膜

とも呼ばれています。

そのブドウ膜の後部が

脈絡膜と呼ばれているんです

そして一番外側には

強膜が存在しています。

強膜とは眼球の白目部分の所です。

内側から網膜・脈絡膜・強膜の順に並んでいる。

目の構造その3:タペータム

ではここで今回の本題である

なぜ夜行性の動物の眼が光るのか?

に話を戻したいと思います。

実は夜行性の動物には

この脈絡膜に一つ膜が

存在しています。

その膜の名前を

タペータム(輝板・タペタム)

と呼びます。

このタペータムは少しの光で

物を見るように進化した器官です。

虹色~青色に見えている所が子牛のタペータム

参照:Wikipedia

これがどういう働きを

しているかというと、

まず外から目に入った光が

網膜に入ります。

そしてその光が網膜を通り

脈絡膜にまで届きます。

そしてここでタペータムが

その光を反射させもう一度

網膜に戻します。

つまりタペータムとは

網膜を通り抜けた光を

もう一度網膜へ戻す役割なんです。

言ってしまえば、

たったこれだけの事なのですが

猫はこのタペータムがある事により

視力の感度を44%も増加させます。

またタペータムによって

猫は人間が知覚できない光も

見ることが出来るのです。

ですが、タペータムがによって

障害も発生します。

それはこれがあると

光が網膜を2回横切る事になるので

像がぼやけるんです。

4種類のタペータム

タペータムは解剖学的に

大きく4つに分類されます。

網膜色素上皮内のタペータム

タペータムが網膜上皮内にあるタペータム

これは1種類です。

これを

網膜タペータム(Retinal tapetum)

と呼びます。

このタペータムを持つ種は

硬骨魚・ワニ・有袋類・フルーツコウモリと

言われています。

網膜タペータムを持つ動物例

参照:Wikipedia

脈絡膜内にあるタペータム

次は網膜の後ろ、

脈絡膜内にあるタペータムです。

これは3種類あります。

まず一つ目は、

脈絡膜グアニンタペータム(Choroidal guanine tapetum)

このグアニンはDNAで使われる

シトシン・アデニン・

チミン・グアニンのグアニンです。

このタペータムを持つ種は

軟骨魚になります。

グアニンタペータムを持つ動物例

参照:Wikipedia

二つ目は、

脈絡膜細胞体タペータム(Choroidal tapetum cellulosum)

このタペータムは

高結晶の細胞の層で出来ています。

このタペータムを持つのは

肉食動物・げっ歯類・クジラ

になります。

細胞体タペータムを持つ動物例

参照:Wikipedia

最後の3つ目は、

脈絡膜繊維体タペータム(Choroidal tapetum fibrosum)

このタペータムは

細胞外繊維の配列の

タペータムになります。

子のタペータムを持つ動物は

牛・馬・山羊・羊になります。

上段左から 偶蹄目のウシ・奇蹄目のウマ・偶蹄目のヤギ

下段 偶蹄目のヒツジ

参照:Wikipedia

因みにこの分類の中には、

タペータムを持つ鳥は

含まれていません。

しかし一部の夜行性の鳥も

タペータムを持つものはいます。

タペータムを持たない動物達

一方でタペータムを

持たない動物もいます。

その動物たちは昼行性であり、

活動のする時間は太陽が出ている

明るい時間帯です。

その代表が私達人間を含む、

直鼻亜目の霊長類です。

しかし、曲鼻亜目の場合は

はほとんどが夜行性の為

タペータムは持っています。

夜行性の曲鼻亜目が気になる人はこちらもどうぞ

スローロリス

それ以外にも、

リス・アカカンガルー・一部の鳥・豚等が

タペータムを持っていません。

目が光る現象の名前

夜の中に動物の眼に光に当たって

目が光っている現象に

実は名前がある事知っていましたか?

あの現象をアイシャインと呼びます。

ネコのアイシャイン 参照:Wikipedia

あの現象がある事で

タペータムを理解しやすいです。

面白い事にアイシャインにも

何種類かの色があります。

白・青・緑・ピンク・赤等、

実に様々な色があるんです。

この色の違いは

見る角度とタペータムの種類によって

変わります。

白いアイシャインは魚に多く、

青いアイシャインはウマなどの

哺乳類に多く、

緑のアイシャインは

イヌ・ネコ・アライグマ、

そして赤いアイシャインはコヨーテ、

げっ歯類、オポッサム、鳥等に

見られます。

イヌの緑のアイシャイン 参照:Wikipedia

人もアイシャインになる?

夜に写真を撮ると

目が赤くなっている事

ありませんか?

ここまでの話からすると

あれもアイシャインかと

思うかもしれませんが、

人間のあの現象は別物で

アイシャインではなく

赤目効果と呼ばれるものです。

アイシャインはあくまでも

タペータムが光って起こる現象です。

人間にはタペータムが無いので

アイシャインは起きません。

あの現象は目の中の

脈絡膜の血管が写って

赤く見えるんです。

まとめ

どうでしたか?

今回はタペータムについでした。

今回の話をまとめると・・・

夜中に動物の眼が光るのは

タペータムがあるから。

タペータムの種類は複数ある

目が光る現象をアイシャインと呼ぶ

という感じですね!

それでは今回はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました (*’▽’)

最新情報をチェックしよう!