進化バナシ⑰

こんにちは!そして初めまして!

動物バナシの管理人

理学療法士&エボルファンクショニスト

ユーイチです。

今回は硝子体とその周りについて

お話していきたいと思います。

実は今回お話しする構造は

ある一定の動物たちにとって

とても重要な役割を果たしています。

それでは早速行ってみましょう (‘◇’)ゞ

硝子体

まずは目の断面図を

見てみましょう。

真ん中のところに

硝子体(しょうしたい)

というのがありますね?

この硝子体は

透明のゼリー状になっています。

これは眼房水と同じように

眼球の内圧を保つ役割をしています。

眼房水についてはこちら

「角膜と強膜と虹彩」  外側眼の構造 

つまりこの硝子体が無いと

眼球の形の維持が出来ません

そんな硝子体が少しでも濁ると

目の前を蚊が飛んでるように見えます。

つまり飛蚊症

なってしまうんです (/ω\)

ゼリー状のものが濁っただけで

そんな風になるなんて怖いですよね。

三重の
眼球壁

硝子体の周囲は

三重の眼球壁に

取り巻かれています

一番内側には

網膜

色素上皮層

があります。

中間の層には

血管と色素を含んだ

眼球血管膜

があります。

そして一番外側には

強膜

が存在しています。

ここでもう一度

眼球の断面図を見て下さい。

この断面図で見ると中間層は

脈絡膜

となっています。

実はこれも間違いではありません。

もう少し詳しく言うと・・・

眼球血管膜

形態と色調がブドウに似ているので

別名でブドウ膜

とも呼ばれています。

そのブドウ膜の後部が

脈絡膜と呼ばれているんです

その脈絡膜は

前方が水晶体を支える

毛様体小帯の付着部の

毛様体になっています。

さらに前方に行くと

虹彩になっています。

タペータム

この脈絡膜には

実はもう一つ膜が存在しています。

と言っても、

この膜は僕達には

存在していません (;’∀’)

その膜の名前を

タペータム

と呼びます。

日本語で言ううと

壁紙とか反射膜

と呼ばれるものです。

このタペータムを

持っている動物は

深海魚

夜行性の動物になります。

少し前に紹介したスローロリス達も

このタペータムを持っています。

スローロリスについてはこちら

スローロリス

このタペータムは少しの光でも

物が見えるようになっています。

まずタペータムは鏡のように

光を反射させます。

ここで網膜を通り抜けた光を

もう一度網膜絵戻す働きがあるんです。

この為、タペータムを持つ動物は

僅かな光が2倍に増幅されて

暗いところでも眼が見えるんです。

ただしタペータムがある事による

障害も存在します。

それはこれがあると

光が網膜を2回横切る事になるので

像がぼやけるんです (; ・`д・´)

なかなか上手くいきませんね ( ;∀;)

最後に

どうでしたか?

今回は硝子体とその周辺の組織

についてでした。

まとめると・・・

硝子体とは

透明のゼリー状で

眼球の形を維持している。

またこれが

濁ると飛蚊症

になる。

さらに硝子体は

三重の層で巻かれている。

タペータムとは

僅かな光を増幅させる。

しかし見る像がぼやけてしまう

という感じですね!

視覚器についてはこちらから色々見れます

視覚器の記事を一覧にしてみました!

それでは今回はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました (*’▽’)


1件のコメント

ワオキツネザル属 | 動物バナシ · 2020年3月15日 7:48 PM

[…] 「タペータム」 少しの光で見える工夫 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください