始めに

 

こんにちは!そして初めまして! 動物バナシの管理人

理学療法士&エボルファンクショニスト(Evolfunctionist)のユーイチと言います。

 

 

今回は外側眼つまり私たちの

眼の構造

についてお話ししたいと思います。

 

実は外側眼の基本構造は

全ての脊椎動物を通してほとんど同じ

なんですよ。

 

これも進化の大いなる歴史を考えると

少し意外ですよね。

 

 

それでは早速行ってみましょう (*^_^*)

 

 

眼球は包まれている

 

眼 球は複数の膜で包まれた

ピンポン玉みたいな構造をしてます。

 

ここでは外側を包む

2種類の膜を紹介します。

 

強膜

 

眼球の一番外側を包むのが

強膜

です。

 

これはとても頑丈な膜で

眼球の形を維持

しています。

  

前方から見ると

しろめ

に相当するのが強膜です。

 

 

角膜

 

眼球を横から見ると

眼球の先端部が少し突出している

のが分かると思います。

 

これが

角膜

です。

 

 

角膜は光が目に入ってくる

入口です。

 

その為

非常に透明度が高い

です。

 

この透明度を維持するために

血管も分布していない徹底ぶりなんです (^_^;)

 

 

ちなみに角膜は様々な原因で

混濁する事があります。

 

これを

角膜混濁(かくまくこんだく)

と呼びます。

 

この状態になると

視力が著しく低下

してしまいます。

 

 

この治療には

角膜移植

が行われる事が多いです。

 

移植と聞くと少し怖いですが

角膜は同種間では比較的簡単に出来る

のでそんなに心配する事は無いんです (^_^)/

 

この角膜移植を支援する機関として

角膜銀行(アイバンク)

があります。

 

 

眼球の中はどうなってる?

 

今度は眼球の内部を覗いてみましょう!

 

 

眼房水

 

ちょっと怖い想像ですが

角膜の周囲にハサミを入れてみましょう。

 

そうすると透明な液体が

流れ出てきます。

 

 

これを

眼房水

と呼びます。

 

 

この眼房水は

眼球内部の栄養供給

眼球内圧の維持

の役割を持っています。

 

 

 ちなみに緑内障とは

この眼房水が過剰になると起こります。

 

 

 虹彩

 

角膜を切り取ると

虹彩(こうさい)

が露出します。

 

これがいわゆる

黒目です。

 

 

この虹彩の色は人種によって異なります

 

それは虹彩に含まれる

メラニン色素の量

が違う為なんです (*^_^*)

 

 

私達のようなモンゴロイド系の虹彩は

色素が多いので黒色か茶褐色の黒目になります。

 

 

逆に色素が薄いのが

ヨーロッパ系白人等です。

 

その為、彼らの虹彩は

栗色から青色になります。

 

 

また完全に色素が欠如している場合は

虹彩を走る血管の中の血液が透けて見えます。

 

 そうすると目が赤く見えるのです。

 

白ウサギなどのアルビノ種の眼が

赤いのはこの為なんです。

 

 

終わりに

 

どうでしたか?

 

今回は眼球の構造の一部を

紹介させてもらいました。

 

少し解剖学的な話になっていしまいましたが

動物の事を知るには解剖学は外せないのでしょうがないですね (^_^;)

 

 

それでは今回も最後まで

お付き合い頂きありがとうございました!


1件のコメント

視覚器の記事を一覧にしてみました! | 動物バナシ · 2021年5月18日 1:23 PM

[…] 「角膜と強膜と虹彩」  外側眼の構造  […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください