進化バナシ㊺

こんにちは!そして初めまして!

動物バナシの管理人

 

理学療法士&

エボルファンクショニスト

ユーイチです。

 

 

 

前回は乾燥から眼を

守るために発達した

眼瞼の話でした。

 

 

 

前回の話はこちらから

上陸した視覚器   眼を乾燥から守る

 

 

 

今回はその続きのような話です。

 

 

 

それでは早速行ってみましょう (‘◇’)ゞ

 

 

 

 

 

 

陸上に上がった眼球は

乾燥から守るために

カバー蔽われる様に

なりました。

  

 

 

ただそれだけでは飽き足らず

自分で水分を補給する

仕組みを発達させました。

 

 

 

その為の代表的な副眼器が

眼窩腺です。

 

 

 

 

 

 

両棲類、爬虫類および鳥類では

眼窩腺の1つである

ハーダー腺が発達しています。

 

 

 

ここから油性の液体が分泌されて

角膜を乾燥から守っています

 

 

 

爬虫類のペットを

飼っている方なら

 

 

ペットの眼の周りが

腫れて慌てたことが

あるかもしれません。

 

 

 

あの症状を

ハーダー腺炎

(ハーダー氏腺炎)

と呼びます。

 

 

 

ビタミンAが

不足してしまうと

起きてしまう症状です。

 

 

 

ハーダー氏腺炎になったアカミミガメ
 
出典:http://www.mone-pet.com/blog/2014/06/post-579-919554.html

 

 

 

 

 

 

哺乳類でよく発達しているのは

涙腺と呼ばれています。

 

 

 

これも眼窩腺の1つです。

 

 

 

ヒトの涙腺
 
出典:goo辞書

 

 

 

涙腺からは

1日に約1gの涙が

分泌されます。

 

 

 

涙の主成分は

ほとんどがです。

 

 

 

そこに少量のタンパク質

殺菌作用を持つリゾチーム

という物質も含まれています。

 

 

 

これらの成分によって

涙は目の表面を潤しながら

感染症の防止もしているんです

 

 

 

なのでくれぐれも

ドライアイには

気を付けて下さい (; ・`д・´)

 

 

 

それでは今回はここまで。

 

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました (*’▽’)

 

 

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください