PTバナシ㊷

こんにちは!そして初めまして!

動物バナシの管理人

 

理学療法士&

エボルファンクショニスト

ユーイチです。

 

 

 

今日は視覚器が

上陸する為に行った

適応の1つ

 

 

 

水圧からの解放について

お話しします。

 

 

 

視覚器の陸上への適応についてはこちら

視覚器が陸に上がるために必要だったこと

 

 

 

水中では深い場所から浅瀬まで

程度の差はありますが

視覚器は水圧を受けます。

 

 

 

視覚器は眼球壁の中に

屈折媒体が入っています。

 

 

 

その為、水中の生物達は

この屈折媒体がつぶされない様

する必要があります。

 

 

 

そうして魚類たちは

水圧対策として、

 

 

 

眼球の強膜に

軟骨や骨をもっている

ものがいます。

 

 

 

陸に上がると

水圧から解放されるので、

 

 

 

陸生動物の眼球は

外圧への対応は不要

になりました。

 

 

 

当然ですが私たちの眼球には

骨はありません (;^ω^)

 

 

 

 

 

 

下の図は

魚の眼と人間の眼の

断面図です。

 

 

 

魚の眼

出典:裳華房 https://www.shokabo.co.jp/sp_opt/observe/eye/eye.htm

 

 

 

人間の眼

出典:裳華房
https://www.shokabo.co.jp/sp_opt/observe/eye/eye.htm

 

 

 

 

 

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください