こんにちは!そして初めまして!

動物バナシの管理人

 

理学療法士&

エボルファンクショニスト

ユーイチです。

 

 

 

今回はコビトキツネザルの仲間

フォークキツネザル

紹介します。

 

 

 

 

 

 

このフォークキツネザルも

当然ながらマダガスカル原産です。

 

 

 

マダガスカル島の

西側、北側、東側で見られます。

 

 

 

この種は元々は

キツネザル属

分類されていました。

 

 

 

その後は

コビトキツネザル属

ネズミキツネザル属

間を移動していました。

 

 

 

ですが最終的には

1870年に独自の属が

与えられます。

 

 

 

更にフォークキツネザルは

2001年には3つの新種が

見つめられました。

 

 

 

まだまだ新種が

加わる可能性がある

種の1つでもあります。

 

 

 

 

 

 

フォークキツネザルは

全てのキツネザルのなかでも

最も研究されてないもの

1つになります。

 

 

 

そんなフォークキツネザルは

どんな種なのか?

 

 

 

それでは早速行ってみましょう (‘◇’)ゞ

 

 

 

 

 

 

分類

 

 

フォークキツネザル属は

現在4つの種に

分類されています。

 

 

 

アンバーフォークキツネザル

ヒガシフォークキツネザル

ニシフォークキツネザル

サンビラノフォークキツネザル

 

の4種になります。

 

 

 

そもそもフォークキツネザルは

1839年に最初に紹介されました。

 

 

 

その時はヒガシフォークキツネザル

キツネザルとして紹介されました。

 

 

 

その後の1870年に

フォークキツネザル属として

新しい種に認定されました。

 

 

 

1991年には3つの

新しい亜種が認識されましたが

2001年には全て新種として

認められました。

 

 

 

 

  

身体

 

 

身体の大きさは

平均23.7~27.2㎝

 

 

 

尻尾の長さは

平均31.9~40.1㎝

 

 

 

体重は平均350~500g

 

 

 

フォークキツネザルの

身体的特徴と言えば

背中から顔にかけての

Y字の模様です。

 

 

黒い模様が

尾から背側の正中線に沿って

頭まで伸びています。 

 

 

 

そこから頭の上部で

両眼の周りの暗い輪に繋がります。

 

 

 

ですが顔と背中側の縞模様は

幅と暗さが若干違います。

 

 

 

オスには喉の中央にピンク色の

幅約20㎜の臭腺があります。

 

 

 

メスには同じ場所に

白い肌がむき出しになっていますが

分泌物は生成しません

 

 

 

その他のオスの特徴として

精巣は他のキツネザルと比べて

比較的小さいです。

 

 

 

また犬歯もメスと

同程度の大きさです。

 

 

 

乾季にはメスはオスよりも

体重が重くなることもあります。

 

 

 

生息地

 

 

フォークキツネザルは

マダガスカルの西、北、東側

生息しています。

 

 

 

フォークキツネザル生息分布

 

 

 

青色はアンバーフォークキツネザル

黄色はサンビラノフォークキツネザル

緑色はヒガシフォークキツネザル

紫色はニシフォークキツネザル

 

 

 

生息地は島の西海岸の

乾燥した落葉樹林から

東の熱帯雨林まで見られます。

 

 

 

面白い事に他の

コビトキツネザル科と違い

分布がかなり不連続なんです。

 

 

 

 

 

 

行動

 

 

フォークキツネザルは

光の強さに敏感です。

 

 

 

夕暮れ時に現れて

何度も大きな声で鳴き

仲間たちと

コミュニケーションをします。

 

 

 

そして夜明けの直前に

巣穴に向かう前

声で仲間たちと

コミュニケーションをとります。

 

  

またこの種は

タペータムが

変わったパターン

作る事で有名です。

 

 

 

タペータムについてはこちら

「タペータム」 少しの光で見える工夫

 

 

 

これについては

頭を上下左右に揺らす為

だと考えられています。

 

 

 

フォークキツネザルは

一夫一妻制だといわれています。

 

 

 

ペアで一緒に寝て

餌を取る姿も観察されています。

 

 

 

ですが一夫多妻制や

単独での行動も

観察されています。

 

 

 

グルーミングは

オスの臭腺を使って

行われます。

 

 

 

フォークキツネザルは

最初に餌を食べるのが

女性です。

 

 

 

またグループ内でも

女性の方が男性よりも優位です。

 

 

 

ワオキツネザルに匹敵する

真の女性優位の社会

持っていると

考えられています。

 

 

 

食事

 

  

フォークキツネザルの食事は

木の樹脂と樹液

主になります。

 

 

 

ここは他の

コビトキツネザル属とは

違う点になります。

 

 

 

特に3月から5月にかけては

樹脂が食事の大部分を占めます

 

 

 

樹脂や樹液を摂取する木は

様々な種類があります。

 

 

 

観察されているだけでも

コンミフォラ

コルビレアラセモサ

バオバブ

ロパロカルパス

等です。

 

 

 

おそらくこの他にも

食している木種があると

言われています。

 

 

 

樹脂や樹液が主食ではありますが

タンパク質と窒素を得るために

小型の節足動物を狩る事もあります。

 

 

 

ですがフォークキツネザルが食する

いくつかの木種の樹脂は

タンパク質が多く含まれています。

 

 

 

その為

昆虫を捕食する事なく

タンパク質を補給出来ます

 

 

 

 

 

 

どうでしたか?

 

 

 

当然ながら

このフォークキツネザルも

国際的にも保護されています。

 

 

 

ただこの種の様に

食事がニッチに進化しすぎる

環境の変化にとても弱く

 

ちょっとした環境変化でも

深刻なダメージを受けてしまいます。

 

 

 

人類が環境を守る事も

もちろん大事ですが

 

環境の変化は

地球そのもの力で

劇的に変わってしまうので

 

実際は神のみぞ知る

というところでしょう ( ゚Д゚)

 

 

 

出来ればこの先も

フォークキツネザルが

絶滅しない事を

祈るばかりです (-_-;)

 

 

 

それでは今回はここまで。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました (*’▽’)

 

 

 

 

 

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください