こんにちは!そして初めまして!

動物バナシの管理人

 

理学療法士&

エボルファンクショニスト

ユーイチです。

 

 

 

今回は

コビトキツネザル科の1つ

 

コクレルネズミキツネザル

 

について紹介します。

 

 

 

コクレルネズミキツネザル

 

 

 

コビトキツネザル科は

その名の通り

小さい種類の

キツネザルです。

 

 

 

その中でも

大きな種になるのが

コクレルネズミキツネザルです。

 

 

 

その他のコビトキツネザルの紹介はこちら

コビトキツネザル

ネズミキツネザル属

 

 

 

その身体の大きさや特徴から

以前はコビトキツネザル属に

分類されていました。

(科と属の違いは間違えない様に)

 

 

 

しかし身体の大きさの割に

歯が比較的小さかったので

独自の分類に分ける事になりました。

 

 

 

そんなコクレルネズミキツネザルは

どんな特徴を持つサルなのか?

 

 

 

それでは早速行ってみましょう (‘◇’)ゞ

 

 

 

 

 

 

分類

 

 

先程も言った通り

コクレルネズミキツネザル属は

 

最初コビトキツネザル属に

分類されていました。

 

 

 

1870年に別の種であると

発表されましたが

当時はこの説は無視されていました。

 

 

 

そして1990年代になり

コクレルネズミキツネザルは

独自の種として認められます。

 

 

 

2005年には

コクレルネズミキツネザル属の

新種が発表されました。

 

 

 

その種は

キタオオネズミキツネザル

と言います。

 

 

 

名前の通り

マダガスカル島の北側に

生息しています。

 

 

 

緑  キタオオネズミキツネザル
青  コクレルネズミキツネザル

 

 

 

身体

 

 

コクレルネズミキツネザルは

同じネズミキツネザル科に属する

ネズミキツネザルと比べて

身体は3倍以上も大きいです。

 

 

 

体重は平均300g程度

 

全長は平均300㎜

 

尻尾の長さは平均233㎜

 

 

 

尻尾の方が身体よりも

長くなっています。

 

 

 

ネズミキツネザルには

乳房が2組あります。

 

 

 

1つは胸部にあり

もう1つは腹部にあります。

 

 

 

毛皮の色は全体的に灰色

背中側は腹部に比べて

やや茶色がかっています。

 

 

 

ですがこれも個体差が大きく

一概にそうだとも言えないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

耳の形は

膜状になっていて

大きいです。

 

 

 

キタオオネズミキツネザル

 

 

 

また耳の大きさ

コクレルネズミキツネザルと

キタオオネズミキツネザルを

区別する要因の一つです。

 

 

 

キタオオネズミキツネザルは

耳が短くて丸いのが特徴です。

 

 

 

それに比べて

コクレルネズミキツネザルは

耳が比較的大きいです。

 

 

 

最大の
特徴

 

 

コクレルネズミキツネザルには

とても面白い身体的な特徴

があるんです。

 

 

 

それはオスの睾丸の大きさです。

 

 

 

大きさの平均容積が

なんと15.48㎤もあります。

 

 

 

先程も言った通り

全長が平均300㎜で

その内の尻尾の長さが

平均233㎜になります。

 

 

 

身体自体は70㎜程度

しかない訳です。

 

 

 

70㎜の身体に

15㎤の睾丸が付いているとは

本当に驚きです。

 

 

 

その重さは

体重の5.5%

あたる重さです。

 

 

 

コクレルネズミキツネザルの睾丸

 

 

 

これと同程度の睾丸が

人間についていたとすると

 

体重70㎏男性だとすると

睾丸の重さは

約4㎏程度になります。

 

 

 

そう考えると

かなり動きずらい

気がしますね (; ・`д・´)

 

 

 

 

 

 

食事

 

 

食事は基本的には

雑食性です。

 

 

 

果物、花、つぼみ、樹液、卵

無脊椎動物、小さな脊椎動物

等を食べます。

 

 

 

コクレルネズミキツネザルの

特徴としては

昆虫の分泌物

摂食するところです。

 

 

 

6月と7月の乾季のピーク時は

カメムシ目の幼虫やコチニール等の

甘い分泌物を主に食べています。

 

 

 

この時期には約60%

昆虫の分泌物に

依存する事もあります。

 

 

 

対照的に

キタオオネズミキツネザルは

乾季にはカシューフルーツに

主に食べます。

 

 

 

 

 

 

どうでしたか?

 

 

 

今回は

コクレルネズミキツネザル

についてでした。

 

 

 

これ以外にも

8つの声を使い分けて

コミュニケーションをとる

面白い特徴を持っています。

 

 

 

しかしこの種も

他のキツネザル同様

絶滅の危機に瀕しています。

 

 

 

今後は人間と共存が

上手くできるといいと

思っています。

 

 

 

それでは今回はここまで。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました (*’▽’)

 

 

 

 

 

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください