PTバナシ53

こんにちは!そして初めまして!

動物バナシの管理人

 

理学療法士&

エボルファンクショニスト

ユーイチです。

今回は

筋肉と筋膜

についてです。

世間一般では

筋肉について誤解が

蔓延しています。

その一つが

筋そのものが一つの骨に付着し

関節を跨いで別の骨に付着している

という話です。

ここで筋膜との関係が出てきます。

それでは早速行ってみましょう (‘◇’)ゞ

筋膜

先程の誤解というのは

骨格筋組織が骨に

直接付着している

という点です。

骨格筋組織は

骨に付着する事は

出来ません

そこには

仲介となる結合組織

必要になります。

ここで今回のテーマの

筋膜が登場してくるんです。

結合組織についてはこちらから

便利な素材、結合組織!

線維

筋原線維として知られる筋細胞は

長く伸びた筒状のものです。

myofibrils(筋原線維)
出典:Wikipedia

そして驚くべき

潜在的運動能力を

持っています。

しかしその潜在能力も

筋膜組織に秩序正しく覆われて

保護されていなければ

少しも有用な動きは出来ません。

この分かつ事の

出来ない組み合わせから

筋肉の事を筋膜単位

呼ぶ人もいます。

筋膜についてはこちらもどうぞ

筋膜! 体を包む組織

筋膜は沢山ある!

作る

ではここで簡単に

筋肉を作ってみたいと思います。

まあ、作るといっても

創造上での話ですが (;^ω^)

まずは筋原線維を一つを

結合組織のシートで包みます。

この結合組織のシートは

筋内膜と呼ばれるものです。

endomysium(筋内膜)
出典:Wikipedia

ここでポイントなのが

両端に十分な結合組織が

余分に残るようにします。

例えればキャンディの

包み紙のような感じです。

両端に結合組織を余分に残す

更に筋原線維を使って

この工程を数百回繰り返します。

そしてそれらが全て

平行になるように並べて

筋周膜で束ねます

perimysium(筋周膜)
出典:Wikipedia

そして両端に余った筋膜素材を

それぞれ束ねてまとめます。

この両端の軟部組織が

骨に付着する腱になるわけです。

tendon(腱)
出典:Wikipedia

それから筋腹全体を

筋膜の最終層である

筋外膜で覆います。

epimysium(筋外膜)
出典:Wikipedia

最後に神経と血管が

鞘に入ったものを入れます。

これにより一つの筋肉が

作られました。

上腕二頭筋の完成

どうでしたか?

かなりざっくりと説明しましたが

要するにこれが上腕二頭筋の

筋膜の設計になる訳です (*’▽’)

それでは今回はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました (*’▽’)

カテゴリー: 筋肉

1件のコメント

筋肉が収縮するから身体は動く!その理由を説明します | 動物バナシ · 2020年5月14日 11:34 PM

[…] 筋組織の基本を知ろう! 筋肉と筋膜の関係 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください