【簡単に分かる算数】
分数の基本について理解しよう

初めに

こんにちは!そして初めまして!

動物バナシの管理人、ユーイチです。

今回は、

分数の足し算と引き算の基本

解説していきたいと思います。

まず最初に分数の意味を理解し、

色々な分数の形も

理解しましょう。

それでは早速行ってみましょう 

分数の意味 その①

問題

大きな容器に入った小麦粉をすべて10袋に等しい量ずつ分けました。

このうち4袋を使うと、残りは何袋になるでしょうか?

ある数量を10等分した内の4つ分の大きさを

 $$\frac{4}{10}$$

と表します。 

これを10分(ぶん)の4と読みます。

この時、何等分したかを表す、下の数字10の部分を分母(ぶんぼ)と呼びます。

そして、そのうちの何個分かを表す、上の数字4を分子(ぶんし)と言います。

このように表した数を分数(ぶんすう)と呼びます。

分数の意味 その②

問題

3mのリボンの3/5を切り取って使いました。使ったリボンは何センチですか?

3m=300cmです。

300cmの1/5の大きさ(5頭分した内の1つ分の大きさ)は、

300÷5=60

これにより、3mの3/5にあたる大きさ(5頭分の内の3つ分)は、

60×3=180

これにより答えは、

180cmになります。

仮分数と帯分数の基本 その①

問題

$$\frac{25}{7}$$ 

上の分数を帯分数に直しなさい。

$\frac{1}{7}$や$\frac{2}{5}$のように、分子が分母より小さい数を真分数(しんぶんすう)と言います。

また、$\frac{25}{7}$のように分子が分母よりも大きい分数を

仮分数(かぶんすう)といいます。

$\frac{25}{7}$は$\frac{1}{7}$が25個集まった数です。

$\frac{1}{7}$が7個集まると$\frac{7}{7}$となり、

これは1と同じ大きさになります。

これにより

$$25÷7=3あまり4$$

となります。

$\frac{25}{7}$は1($=\frac{7}{7}$)を3個と$\frac{1}{7}$を4個、つまり3と$\frac{4}{7}$を合わせた数になります。

このような場合は、分数の左側に整数を書き、$3\frac{4}{7}$と表します。

(3と7分の4と読みます)

つまり答えは$$3\frac{4}{7}$$になります。

このように、整数と真分数を組み合わせた形を

帯分数(たいぶんすう)と呼びます。

仮分数と帯分数の基本 その②

問題

$2\frac{3}{5}$は$\frac{1}{5}$が何個集まった数ですか?

1は$\frac{1}{5}$が5個集まって出来たものです。

ここで帯分数の2は、

$5×2=10$

により、$\frac{1}{5}$が10個分と考えることが出来ます。

したがって、$2\frac{3}{5}$は、$\frac{1}{5}$が

$10+3=13$

が集まった数になります。

答えは13個になります。

まとめ

どうでしたでしょうか?

今回の話をまとめると、、、

分数は$\frac{△}{〇}$と表します。

この意味は△が分子、〇が分母で、

〇等分した内の△個分の大きさを意味しています。

真分数:分子が分母よりも小さい分数

仮分数:分子が分母と等しいか、分母よりも大きい分数。

帯分数:整数と真分数を組み合わせた形の分数

こんな感じです。

それでは今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!