最初の哺乳類、アデロバシレウス。
原始の哺乳類達はどう暮らしていたのか?

人類の進化 1

こんにちは!そして初めまして!

 

動物バナシの管理人

理学療法士&

エボルファンクショニスト

ユーイチです。

今回は一番最初の哺乳類の

話をしたいと思います。

私たち人間は哺乳類に属しています。

私達の身近な動物の犬や猫も

同じ哺乳類です。

大きな共通点としては

身体が左右対称で頭とお尻があり

4つの四肢がある事です。

人間・犬・ネコ全て哺乳類

参照:unsplash

そして哺乳類の言葉通り

お乳によって育つ事です。

逆に言えば

それ以外は哺乳類とは呼びません。

そんな哺乳類の一番最初とは

どのような生き物だったのでしょうか?

それでは早速行ってみましょう (‘◇’)ゞ

哺乳類と恐竜は一緒に暮らした

ライオンやシマウマも哺乳類ですが

当然僕達、人類も哺乳類の一員です。

哺乳類はいつからこの地球上にいると思います?

なんとなく恐竜が絶滅してから

登場したような感じを

持っているんじゃないでしょうか?

確かに今のように地上が

哺乳類に支配されたのは

恐竜が絶滅して以降なのは

間違いありません。

でも、

哺乳類がこの地上に誕生したのは

恐竜が登場したすぐ後

の事なんです。 

つまり恐竜と哺乳類は長い間、

一緒に過ごしていた(共存)のです。

地上の覇者恐竜!

ここで恐竜について少し話をしたいと思います。 

驚くほど大雑把に言うと

大昔にいた大型の爬虫類

と言ったところでしょうか。

では、その恐竜は

いつからこの地球上に

住んでいたのでしょうか?

恐竜が登場したのは今から

約2億5000万年前の三畳紀

と呼ばれていた時代です。

2億5000万年前・・・。

創造つきますか? 

僕は全くその長さが

想像つきません。

僕みたいな凡人では

完全に想像のキャパを越えます。

二億年の恐竜時代

そのころの地球では

今の世界地図のような形の大陸は

ありませんでした。

代わりにあったのが

超巨大な大陸「パンゲア」

のみだったそうです。

すべての大陸が一つになった「パンゲア」

参照:Wikipedia

しかし丁度その時期に

大きな環境変化が起こり

多くの生物が環境の変化に

耐えきれずに絶滅していきました。

そんな厳しい環境を生き抜き

この地上を支配した生き物達が

恐竜というわけです。

しかも恐竜が地上を支配していた時代は

ここから約1億6000万年間も続きます。

人類が誕生したのが700万年前。

さらに僕達のような

現生人類(ホモ・サピエンス)が

誕生したのは約25万年前。 

恐竜がいかに桁外れな時間

この地球上を支配していたかが

これだけでも何となく分かりますよね。

哺乳類の先祖単弓類!!

哺乳類の祖先となったのは

約3億年前に登場しました。 

分類は単弓類と言います。

(ちなみに爬虫類側の祖先は

竜弓類または双弓類と言います)

ただし哺乳類の祖先といっても

この頃の単弓類の

見た目はトカゲと変りません。

単弓類として有名なディメトロドン
出典:Wikipedia

この単弓類と竜弓類は

両生類(今のカエル)から

分かれたと考えられています。

単弓類はその後

色々なグループに

進化していきました。

その中の一つのグループが

哺乳類になっていくのです。

ですが現在の哺乳類とは

違う特徴を持っていたので

哺乳類ではなく

哺乳形類と呼ばれています。

その哺乳形類は

約2億2000万年前に登場した

とされています。

さらに最初の哺乳類として有名な

アデロバシレウス

も哺乳形類に属しています。

最古の哺乳類として有名な
アデロバシレウス
出典:Wikipedia

最古の哺乳類と呼ばれる理由

最古の哺乳類として有名なのが、先程も登場したアデロバシレウスです。

約2億2500万年前に生息していたと考えられています。

アデロバシレウスは、体長が10㎝~15㎝程度で夜行性、主に昆虫を食べていたと考えられています。

ではなぜ最古の哺乳類と呼ばれているのでしょうか?

それはアデロバシレウスの頭蓋骨に哺乳類の特徴が見られたからなんです。

その特徴の一つとして、哺乳類には眼窩に視神経孔が開いているんですが、その特徴がアデロバシレウスにもあったのです。

これは哺乳類以外の獣弓類には見られない特徴である為、アデロバシレウスが最古の哺乳類と呼ばれることになったのです。

哺乳類は数が多かった!

本物の哺乳類が登場したのは

約2億年前といわれています。

当時は地上は恐竜たちが

支配していたのですが

当時の哺乳類は

数の上では恐竜に勝っていた

ようなんです。

ただ、その当時の哺乳類の大きさは 

大体ネズミくらいの大きさで

大きくても体長30~40cm位の

ネコ位の大きさだったと

考えられています。

その後も哺乳類達は

恐竜が絶滅するまで 

体を大きくすることは

ありませんでした。

小さくても逞しい !!

実は生命が誕生してから

生物の大量絶滅は5回起きた

といわれています。

そして哺乳類はその内の

2回大量絶滅に遭遇しています

1度目の大量絶滅

1度目は今から

2億1000万年前

に起きています。

その頃は

中世代三畳紀

と呼ばれています。

原因は現在のカナダに

巨大隕石が落下した

のではないかと考えられています。

その時には全生物の約79%

が絶滅したと考えられています。

そして哺乳類は

その絶滅に耐えましたが

その時に同じく大量絶滅を

乗り越えたのが恐竜でした。

2度目の大量絶滅

次の大量絶滅は

約6550万年前に起きます。

原因はユカタン半島に

巨大な隕石が落下した

という説が有力です。

そう一度目と同じです( ゚Д゚)

この時には

全生物の約70%が絶滅

したと考えられています。

この時の絶滅によって

長い間地球上の覇者であり続けた

恐竜が絶滅しました。

そして覇者になる

2度目の大量絶滅で

恐竜が絶滅しました。

その後に

地上の覇権を握ったのが哺乳類

です。

そもそも恐竜がいた時代の哺乳類は

夜間に行動したり

地中を生活の拠点にしたり

と恐竜の影におびえて暮らしていました。

恐竜が絶滅したことにより

活動の範囲を広げる事に成功しました。

そして哺乳類たちは、

多種多様な種へと変化していくのです。

終わりに

どうでしたか?

大まかに哺乳類が誕生し

この地上を支配するまでの話を

ざっくりとしました。

話のスケールが大きすぎて

時間の感覚が付き辛いですよね(^_^.)

そういう所が進化についての

魅力の一つだと思うんですけどね!

こんなデカい話を考えてると

日常の悩み事なんて

本当に小さく思えますよ。

それでは今回はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました (*’▽’)

最新情報をチェックしよう!