サヘラントロプス・チャデンシス
最古の人類の発見場所はどこなのか?

初めに

こんにちは!そして初めまして!

動物バナシの管理人

理学療法士&

エボルファンクショニスト

ユーイチです

今回紹介するのは

歴史上最初の猿人とされている

サヘラントロプス・チャデンシス

についてです。

いわゆる

初期ホミニンと呼ばれる

グループです。

ホミニンについてはこちらもどうぞ

御存知でしたか?人類も進化の過程で様々な種が存在したんです。

この初期ホミニンのグループには

サヘラントロプス・チャデンシスの

他に4つの種が確認されています。

特にチャデンシスの発見は

それまでの常識を変える程の

大きな発見だったんです。

今回はそんな歴史的発見である

サヘラントロプス・チャデンシスを

紹介していきたいと思います。

それでは早速行ってみましょう (‘◇’)ゞ

どこで発見されたのか?

2002年に初期ホミニンと思われる

化石が見つかりました。

見つけたのはフランスの古人類学者の

ミシェル・ブリュネの研究チーム

でした。

見つけた場所は

アフリカ大陸の中心に位置する国

チャド共和国です。

アフリカ大陸の中心に位置するチャド共和国(オレンジ)

名前の意味

サヘラントロプス・チャデンシスの

名前にはちゃんと意味があります。

この名前は、

チャド共和国で見つかった

サハラ砂漠のホミニン

という意味で付けられています。

この化石は歴史的となり

大きな注目を集める事になりました。

その理由として

年代の古さと発見場所

の両方がそれまで考えられてた

常識を覆したからです。

トゥーマイと呼ばれる頭蓋骨

サヘラントロプスの化石は

チャドのジュラブ砂漠にある

トロ・メナラ遺跡

の3か所で発見されました。

TM266がトロ・メナラ遺跡の場所

参照:Wikipedia

ここで見つかった化石は

部分化石ではありますが

その数は実に6体分以上が

見つかっているんです!

その中で特に

注目されているものは

完全に近い頭蓋骨

下顎骨と数本の歯

になります。

通称トゥーマイと呼ばれる頭蓋骨の化石

参照:Wikipedia

この頭蓋骨には愛称があり

トゥーマイ

と呼ばれています (*’▽’)

このトゥーマイにも名前の由来があり

現地語で生命の希望という意味です。

これまでの常識を覆した発見場所

先程、発見場所で注目を

浴びていると話しました。

なぜならばトゥーマイの発見以前は

初期ホミニンの化石が

発見されていたのは

アフリカの東部のみだけでした。

緑色の部分がアフリカ東部

参照:Wikipedia

その為、アフリカの中央部での

新たな発見に世界が注目したのです。

因みにアフリカ東部では有名な

アウストラロピテクス・アファレンシス

が発掘された、

エチオピア・ケニアタンザニアがあります。

アファレンシスについて興味のある方はこちらもどうぞ

ルーシーで有名なアファレンシス   頭蓋骨と歯の話

またキツネザルたちの楽園である

マダガスカル島もアフリカ東部です。

キツネザルについて興味がある方はこちらもどうぞ

【コビトキツネザル】生息地や大きさ ペットに出来るかを教えます。

この事から初期ホミニンが

これまで考えてきたよりも

ずっと広範囲に分布していた事が

明らかになったんです。

最古の猿人(ホミニン)

サヘラントロプス・チャデンシスは

最古のホミニン種の1つである事は

間違いありません。

それは化石が出土した場所から

採取した推積物によって

詳しい年代が分かります。

その年代はなんと

720~680万年前

まります。

私たち現生人類につながる進化の旅は

約700万年前のチンパンジーとの

共通祖先と分岐したところから

始まります

つまり年代から考えると

サヘラントロプス・チャデンシスは

最も原始的な最古のホミニン

の可能性が高いんです。

最期に

どうでしたか?

今回は最古のホミニン

サヘラントロプス・チャデンシス

の話でした。

ただ最古のホミニンというと

現生人類のような感じを

受けるかもしれませんが

姿かたちは全然違います。

この時のホミニンは

まだまだチンパンジーの

見た目だと思ってください (-_-;)

これ以外のチャデンシスの話についてはこちらもどうぞ

最古の人類はどう歩いたのか?これまでで分かっている事から考えてみた。

それでは今回はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました (*’▽’)

最新情報をチェックしよう!