進化バナシ㊴

 

 

こんにちは!そして初めまして!

動物バナシの管理人

 

理学療法士&

エボルファンクショニスト

ユーイチです。

 

 

 

以前タウング・チャイルド

についてお話をしました。

 

 

 

その話の中で

タウング・チャイルドが

発表された時

一般的に強く否定された

と言いました。

 

  

 

タウング・チャイルドについてはこちら

否定されたタウングチャイルド   アウストラロピテクス・アフリカヌス

 

 

 

では何故それほどまでに

タウング・チャイルドは

痛烈に否定される事に

なったのでしょうか?

 

 

 

これには当時信じられていた説と

時代背景が強く関わっています

 

 

 

またその中には

20世紀最大の詐欺とも呼ばれる

ピルトダウンマンが関わってきます。

 

 

 

それではタウング・チャイルドが

否定された理由は

どういうものなのか?

 

 

 

それでは早速行ってみましょう (‘◇’)ゞ

 

 

 

 

 

 

批判

 

 

タウング・チャイルドの論文を

レイモンド・ダートが

発表したのが1925年です。

 

 

 

この論文は

Natureに掲載られました。

 

 

 

ダートはアフリカヌスを

 

生きた類人猿と人間の

中間にある絶滅した類人猿

 

と表現したんです。

 

 

 

つまりこのタウング・チャイルドは

人類のミッシングリングの1つ

と主張したのです。

 

 

 

これが当時の学界から

猛烈に批判された理由です。

 

 

 

なぜならこの時代は

 

人間は大きな頭脳を

二足歩行よりも先に

獲得していた

 

と考えらえていたからです。

 

 

 

その考えでいえば

タウング・チャイルドは

 

脳の容積は小さかったですが

二足歩行は既に獲得していた

 

と考えられる為

ミッシングリングにはなりえない

と結論付けられました。

 

 

 

 

 

 

三人の
学者

 

 

ダートを特に強く批判したのは

3人の学者によるものでした。

 

 

 

アーサー・キース

  

グラフト・エリオット・スミス

  

アーサー・スミス・ウッドワード

  

の三人が中心となり

批判を強くしていきました。

 

 

 

それもそのはずでこの3人は

ピルトダウンマンを支持する

立場だったからです。

 

 

 

この当時

人類の発祥はヨーロッパかアジア

だと信じられていました。

 

 

 

これは現代でいえば

人種差別的な発想

背景としています。

 

 

 

その為タウング・チャイルドが

ミッシングリンクだとの考えは

到底受け入れられるものでは

無かったのです。

 

 

 

 

 

 

進化の
時間

 

 

チャールズ・ダーウィン

「種の起源」を発表したのが

1859年です。

 

 

 

これも当初は

多くの議論を呼び

批判を招きました。

 

 

 

1925年の

タウング・チャイルド発表時には

進化論は受け入れられてました。

 

 

 

少なくても人間は

進化によって出現したと

考えられていました。

 

 

 

しかし現代のように

僅か数百万年前のような

短い期間での進化とは

考えられていませんでした。

 

 

 

この当時の人類学者は

ホモ属が3000万年前に

大型類人猿と別れた

信じていました。

 

 

 

アフリカヌスは

僅か200万年前の化石であり

かつ脳が小さい事から

大型類人猿と断定されたのです。

 

 

 

そしてピルトダウンマンの存在が

当時の西洋の人類学者にとって

都合が良かったので

タウングチャイルドが

否定されたのです。

 

 

 

 

 

 

ピルトダウンマン

左がピルトダウンマンの頭骨
右が現代人の頭骨

 

 

 

 

 

ピルトダウンマンとは

20世紀最大の詐欺とも言われる

化石です。

 

 

 

ピルトダウンマンの発見者は

アマチュア考古学者の

チャールズ・ドーソンです。

 

 

 

ドーソンは1912年に

人間と類人猿の間の

ミッシングリンクを発見した

と主張しました。

 

 

 

その主張を支持したのが

先程の3人の学者を中心とした

イギリスの科学者たちだったのです。

 

 

 

三人の学者とは

アーサー・キース

グラフト・エリオット・スミス

アーサー・スミス・ウッドワード

です。

 

 

 

ドーソン達が見つけたのは

頭蓋骨の破片と

顎の骨と歯でした。

 

 

 

それをウッドワードが

再構成した結果

 

頭蓋骨は後頭部と

脳の大きさを除いて

現代の人類と酷似している

 

と発表したのです。

 

 

 

そしてウッドワードは次に

 

二本の臼歯を除けば

顎の骨は若いチンパンジーの

顎骨と区別がつかない

 

とも言いました。

 

 

 

当時のイギリスでは

人間の進化は脳から始まったと

信じられていました。

 

 

 

頭蓋骨が人間で顎が類人猿という

ピルトダウンマンは

正にイギリス学会が待ち望んでいた

ミッシングリンクだったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

とは言え

ピルトダウンマンには

当時から懐疑的な

意見が出ていました。

 

 

 

特に物議を醸しだしたのは

犬歯の存在だったのです。

 

 

 

先程も言った通り

顎の骨はチンパンジーと酷似

しているわけです。

 

 

 

ですが臼歯は人間と同じ

という点が整合性が

付かなかったわけです。

 

 

 

ここの点を付いたのが

仲間であったはずの

アーサー・キースでした。

 

 

 

キースは

人間の臼歯は咀嚼時の

左右の動きの結果である

と指摘します。

 

 

 

ところが

ピルトダウンマンの犬歯は

顎の左右の動きを

妨げてしまったのです。

 

 

 

そうすると

1913年にはNature誌に

人の頭蓋骨と猿の顎の骨を

合成したものであると

されます。

 

 

 

1923年には

ドイツの解剖学者

フランツ・ワイデンライヒによって

 

現代の人間の頭骨と

歯を削ったオランウータンの

顎の骨である

 

と正しく報告されました。

 

 

 

そしてとうとう1953年に

 

ケネス・ぺージ・オークリー

 

ウィルフリッド・エドワード・

ル・グロ・エドワード

 

ジョセフ・ワイナー

 

の3人のイギリス人学者によって

この化石が偽造だったことが

証明されました。

 

 

 

3人によれば化石は

3つの異なる種の

骨を合成させて

作られていたとの事です。

 

 

 

中世の人間の頭蓋骨

オランウータンと

チンパンジーの顎骨と歯

で構成されていました。

 

 

 

そして骨を染色して

歯をやすりで削っていた事が

明らかになりました。

 

 

 

これにより

ピルトダウンマンの問題は

完全に終結するのです。

 

 

 

 

 

 

どうでしたか?

 

 

 

タウング・チャイルドが

否定された理由は

分かったでしょうか?

 

 

 

やはり当時は白人による

人種差別的な価値観や

宗教的な価値観などが

絡み合っていただと思います。

 

 

 

その中でピルトダウンマンのような

捏造化石が出てきても

信じられてしまうのでしょう。

 

 

 

確かにピルトダウンマンの化石は

捏造されたものでした。

 

 

 

ですが人類進化の研究に

大きな影響をもたらしたのは

疑いようのない事実です。

 

 

 

そしその時代にあって

タウング・チャイルドを

人類のミッシングリンクとして

発表したダートの功績は

偉大だと思います。

 

 

 

それでは今回はここまで。

最後までお読みいただき

ありがとうございました (*’▽’)

 

 

 

 

 

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください