進化バナシ㊷

こんにちは!そして初めまして!

動物バナシの管理人

 

理学療法士&

エボルファンクショニスト

ユーイチです。

 

 

 

今回の話は

アウストラロピテクス・

アナメンシス

の説明をしたいと思います。

 

 

 

アウストラロピテクス属

と言えば

 

 

 

今までこのブログで

紹介した中でも

 

 

 

セディバ

アフリカヌス、

更にリトルフットで有名な

プロメテウス

などを紹介しました。

 

 

 

以前のアウストラロピテクス属についてはこちら

リトルフットは何者だ?

歯の特徴で見るアウストラロピテクス・アフリカヌス

アウストラロピテクス・セディバ  セディバの解剖学的特徴

 

 

 

アナメンシスの化石は

約420~370万年前のものと

言われています。

 

 

 

これは現在発見されている

アウストラロピテクス属では

最古の化石になっています。

 

 

 

それでは早速行ってみましょう (‘◇’)ゞ

 

 

 

 

 

 

発見

 

 

アナメンシスは

古人類学者の

ミーヴ・リーキーとそのチームが

1995年に発表しました。

 

 

 

ミーヴ・リーキー博士 出典:wikipedia

 

 

 

リーキー博士が

アナメンシスを

発見した場所は、

 

 

 

ケニアのトゥルカナ湖に近い

カナポイアリア・ベイ

発見しました。

 

 

 

ですが、

実はカナポイで

ホミニンの化石を

発見したのは

 

 

 

リーキー博士が

初めてではありません。

 

 

 

ブライアン・パターソン博士

ウィリアム・H・ハウエルズ博士

の二人によって

 

 

 

リーキー博士より

30年前の1965年

すでに発見されていました。

 

 

 

ただその化石は

どの種にも分類されずに

いました。

 

 

 

その時に発見された

前腕の骨の化石は、

 

 

 

長い間研究者の

感心の的でしたが

 

 

 

現在ではアナメンシスに

分類されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

アナメンシスの歯には

原始的な特徴

進化した特徴

両方が見られます。

 

 

 

アナメンシスの下顎骨

 

 

 

犬歯は隣り合う歯より

ほんの少し張り出している程度で

 

 

 

根元の部分

アファレンシスなどの

アウストラロピテクス属より

太いです。

 

 

 

下顎の第一小臼歯

これ以降のホミニン種より

細長い形状です。

 

 

 

形的にも原始的であり

咬頭も真ん中に1つ

あるだけです。

 

 

 

前歯もその後の

ホミニンに比べて

かなり大きく

 

 

 

歯列弓はU字型

臼歯列は平行に

並んでいます。

 

 

 

歯の特徴についてはこちら

歯の並びで見分ける  人類と類人猿

 

 

 

 

 

 

脛骨

 

 

まずはこちらの写真を

見て下さい。

 

 

 

出典:http://humanorigins.si.edu/evidence/human-fossils/fossils/knm-kp-29285

 

 

 

これはアナメンシスの

脛骨の上部の部分の化石です。

 

 

 

カナポイとアリア・ベイで

出土した化石の中には

頭部以外の全身の骨も

ありました。

 

 

 

出典:https://boneclones.com/product/australopithecus-anamensis-KO-136-SET

 

 

 

実はこの脛骨からは

身体の大きさ移動方法

知ることが出来るんです。

 

 

 

どういう事かといえば、

 

 

 

踵側の関節面は

骨の軸方向に対して垂直

になっています。

 

 

 

これは現生人類と

同じように

膝の真下に踵が来ている

という事です。

 

 

 

逆にチンパンジーなどの類人猿は

人類より膝が大きく離れています。

 

 

 

出典:https://www.youtube.com/watch?v=NBFBbFcixRY

 

 

 

そうなると

脛骨が踵から外側に開いて

O脚になってしまうんです。

 

 

 

つまり

脛骨が垂直になっている

という事は、

 

 

 

アナメンシスが

二足歩行をしていた事

示しているんです。

 

 

 

体重も

脛骨の上部のサイズから

約46㎏と見積もられました。

 

 

 

 

 

 

どうでしたか?

 

 

 

今回は

最古のアウストラロピテクス

アナメンシスの話でした。

 

 

 

それでは今回はここまで。

 

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました (*’▽’)

 

 

 


2件のコメント

ルーシーで有名なアファレンシス  アファレンシスの生活はどうだった? | 動物バナシ · 2020年3月17日 11:39 AM

[…] アナメンシス  最古のアウストラロピテクス […]

違う種のヒト属が共存していた証拠!?ケニアントロプス・プラティオプスの化石 | 動物バナシ · 2021年5月18日 1:17 PM

[…] アナメンシス  最古のアウストラロピテクス […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください